CASE

失敗しない不用品回収業者の選び方についてご紹介します

2021.06.30

皆さんは、不用品回収業者にどんなイメージを持たれているでしょうか。

いざ業者を探そうとなった際、リアルの口コミやネット、テレビなどで悪い噂を見聞きしているので、不安な方も多いと思います。

ということで今回は、失敗しない不用品回収業者の選び方についてご紹介したいと思います。

 

不用品回収業者の選び方について

自宅の引っ越しや整理整頓をする際、不要となったものを処分するのに悩むことがありますよね。不用品回収の業者へ連絡を入れようと思っても、金額の不透明さや業者への信頼感といった項目で不安が残ります。

もし違法な業者に連絡してしまったら、想像以上の金額を請求されてしまうのでは…と考えてしまうかもしれません。

そんなときに選ぶ基準や見抜き方を知っておけば、悪徳業者へ騙されることもないでしょう。どんな基準で業者を選べばいいのか、詳しい基準についてご紹介します。

 

信用度の高い不用品回収業者を選ぶ基準について

信用度の高い不用品回収業者を選ぶ際は、正しい「許可」を得ているかどうか確認すると良いでしょう。

 

不用品回収業はまず、「一般廃棄物収集運搬業許可」を各自治体から取得していなくてはなりません。

この許可は不用品を回収して処分する際に必要な許可ですが、無許可で運営している業者も少なからずいます。さらに不用品を回収するだけではなく、リサイクル品として扱う場合は「古物商許可」が必要です。

またほかにも「産業廃棄物収集運搬許可」を取得している業者もあります。この許可を得ていれば、家電リサイクル法4品目の回収が可能です。

※家電リサイクル法4品目:エアコン・テレビ・冷蔵庫や冷凍庫・洗濯機や衣類乾燥機

 

上記の許可が必要なため、不用品回収は思い立ったらすぐ運営できるものではありません。一定の法律に基づいて運営するのが求められています。

しかし許可を取らずに運営している不用品回収業者は悪質で、違法状態であることを認識していながら運営している状態です。

 

不用品回収業者の優良業者と要注意業者の違いについて

不用品回収業者の優良業者はしっかりと関連許可を取得して、法律に則った運営を行っています。また料金が明確で、追加の費用請求といった項目がありません。あるとしても事前に提示がなされます。

物品の移動時に事故が起きてしまい、家具や壁に傷をつけてしまっても損害賠償保険で対応可能です。

つまりかかる料金や万が一の際に関する対応を事前に説明してくれて、安心して不用品の回収を任せられる信頼感があります。

 

しかし不用品回収業者の中でも要注意な業者は、関連する許可を取っていません。さらに料金設定が不明確です。

作業終了時に移動時間や駐車料金で手数料が発生したといって、事前に説明のない料金を請求してくることも。

 

また会社の住所が確認できなかったり、固定電話を使用していなかったりと不審な点がたくさん見受けられます。

ホームページを持っていない会社は現代だとほとんどないので、各種許可の番号が確認できない場合は注意したほうが良いでしょう。

 

無許可の業者に依頼する危険性について

無許可の業者は、法律に違反している状態を認識しながら運営しています。つまりモラルを守る意識がそもそもないため、依頼するだけでトラブルとなってしまう可能性が高いです。

 

例えば作業終了後に適当な理由をつけて、追加の金額を請求してくることもあります。

依頼者側としては事前説明もない上に、なぜそんな料金が発生するのか納得いかないことが多いでしょう。

 

また事故が起きて壁に傷をつけられてしまっても、損害賠償保険に加入していないことがほとんどです。

相手も対処してくれないどころか、公的機関に相談しても対処が難しくなってしまいます。被害を受けたにも関わらず、泣き寝入りになってしまう可能性も。

 

とくに要注意業者は後々トラブルになる危険性をはらんでいるため、仕事を依頼する段階で不信感や不安を抱くことが多いです。少しでも「おかしいな?」と思ったら見て見ぬ振りをせず、しっかり書面で確認を取ってトラブルが発生しないよう対処しましょう。

 

無許可の業者(要注意業者)の特徴について

無許可の業者は、多くの特徴があります。

  • 見慣れない軽トラック一台で近所を回っている
  • 会社の住所や許可番号の確認ができない
  • 無料回収の文言を使ったチラシ配布
  • アポなしでいきなり訪問してくる

よく軽トラック一台で、「不用品があれば回収いたします」と巡回している業者を見かけたことがないでしょうか。

直接巡回しているのは無許可で回収を行っている業者が多く、作業費を多く請求してきたり不法投棄をしたりとトラブルが起こりやすいです。

 

会社の住所や各種許可番号を確認できない状態にあるのも、違法状態で運営している目安でしょう。

またチラシでよく「無料で回収します」と書いてある業者も要注意です。回収は無料だけど、処分費や運搬料がかかるといって実質無料じゃない場合もあります。

 

さらに悪徳な業者になるとアポ無しで突撃訪問をしてきて、強く押し入りどんどん必要物品でさえ回収していこうとすることも。

いずれにせよ「無料」をキャッチコピーに使う業者は、ほとんど怪しいと見て間違いありません。

 

無許可の業者と優良業者のメリット・デメリット

優良業者のメリットは、安心して回収を任せられて料金体系も明確なことです。予めどれくらい料金がかかるか把握できます。

何より法律に則って正しく運営されているため、サービスを活用する上で積極的に選択すべき存在です。

トラブルに発展する可能性も少なく、万が一の事故でも保証が効きます。

 

デメリットとしては業者選定の目が必要なことです。どうしても悪徳業者が多く、優良業者を選ぶ際に少しハードルが高くなります。

 

逆に無許可の業者を選ぶメリットは、不用品回収車が回ったりチラシで宣伝したりと比較的探しやすいです。

無許可であってもトラブルにならない事例もあり、結果的に利用したいときすぐ利用しやすいでしょう。

デメリットとしては、やはりトラブルになるリスクが高いという部分です。

  • 高額請求を受けるリスク
  • 物損事故も保証してもらえないリスク
  • 自分の出したゴミが不法投棄されるリスク

メリットはあっても、リスクが大きすぎるので無許可の業者は選ばないのがベストです。

まとめ

今回は失敗しない不用品回収業者の選び方についてご紹介しました。

きちんと許可を得ている業者であれば、失敗するリスクも少ないですので、ぜひ、業者選びの参考にされてみて下さい。

安?、信頼、対応?のライフサポートが
“選ばれる理由”

選ばれる理由をみる