CASE

草刈りを依頼する頻度と防草効果が高まるオススメな時期について

2021.07.01

皆さんは、草刈り作業をご依頼するのに最適な時期と頻度をご存知ですか?

今回は、草刈り作業をご依頼しようとご検討中の方に向けて、防草効果が高まる時期と頻度についてご紹介したいと思います。

防草効果が高まる、草刈りに最適な時期について

草刈り作業のご依頼時期にピッタリなタイミングは年に4回ほどあります。

防草効果が高まる草刈にオススメの時期は以下の通りです。

  • 5月のゴールデンウイーク頃
  • 6月~7月の梅雨から梅雨明けにかけて
  • 9月~10月の秋口
  • 11月~12月の冬

 

これらの時期に合わせて草刈り作業をご依頼すると、頻繁に草刈りをする必要がなくなるのでおすすめです。

とくに11月~12月にかけては、枯草が多いので防草効果と併せて、景観の美しさを保つ目的でも効果的ですね。

それでは、それぞれの時期がなぜ草刈に適しているかを解説して行きます。

 

防草効果が高まる理由について

それぞれの時期によって理由がことなりますので、シーズンごとに解説していきます。

 

5月のゴールデンウイーク頃 :

5月はちょうど暖かくなり始める季節で、雑草が生えはじめます。
まだ生えはじめて間もないので、この時期にしっかりと処置をすればそれ以降の時期に草が生い茂るのを防ぐことが可能です。

 

6月~7月の梅雨から初夏にかけて :

6月~7月は気温が高まり湿気も上がることから、雑草の成長が非常に活発です。
要するに、水分や太陽光など草・花が育つための栄養が多く手に入ってしまいます。
この時期に雑草を放置すると、一気に伸びてしまうでしょう。

一度伸びきって生い茂ってしまった雑草は、非常に刈りづらいので業者に依頼して適切な処置をしてもらうのが最も良いでしょう。

 

9月~10月の秋口 :

9月~10月は気温が下がるので、雑草の成長が弱まります。
勢いがない時に大きく育った雑草を刈り取ってしまえば、冬場の成長も衰えるので雪が降る前には必ず行いたいところです。

 

11月~12月の冬 :

11月と12月は枯れ草が増える季節です。
農作業を行っている場合、枯草が春の種まきに影響するので放置しないことが大切です。
枯草を除けば、作物の生育も順調に進むでしょう。

枯草が多いので、冬の草刈りは防草の他に景観の美しさを保つ意味も大きいです。

 

まとめ

今回は、防草効果が高まるオススメの時期を紹介しました。

総じて、草に元気がないうちに刈ってしまうと効果が高いです。ただし、草の成長は地域によっても異なりますので注意してください。日頃から様子を観察して、変化を見逃さないようにすることが大切です。

草刈りに関する知識を身に付けても、中々上手く行うのは難しいもの。個人で試行錯誤して草刈りを行っても、効果が出なければ労力と時間のムダです。それよりも適切なタイミングで業者(プロ)に草刈りを依頼してしまえば、適切な処置を行ってくれるので何度も悩まずに済みます。

ぜひ、利用を検討してみましょう。

 

粗大ごみ・不用品回収の参考料金はコチラからご確認いただけます。
料金目安表 ←こちらをクリック

その他のお困りごとはこちらをご確認下さい。

その他のお困りごとはコチラから ←こちらをクリック

また、ご不明な点等ございましたら、「電話」または「店頭のスタッフ」まで、お気軽にご相談ください。

老人ホーム入所に伴う、 実家の片付けや
ご葬儀後の遺品の整理や片付けなど、ご相談下さい。
家財評価アドバイザーが、適切にご対応いたします。
整理の品のお買取もいたしております。

【ハンズクラフトの便利屋ライフサポート】■□■□■□■□■□■□■□■
〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町5-28
フリーダイヤル: 0120-771-185
お見積もりは無料、お気軽にお問合せください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

安?、信頼、対応?のライフサポートが
“選ばれる理由”

選ばれる理由をみる