福岡 北九州 下関 頼れるプロの便利屋ハンズクラフト・ライフサポート!家具・家電・雑貨などの不用品回収、スズメ蜂・アシナガ蜂・白蟻駆除など、あらゆるお困りごとに対応いたします。

北九州 プロの便利屋ライフサポート

お問い合わせ
会社概要
採用情報
0120-771-185

北九州 プロの便利屋ハンズクラフト

お問い合わせ
会社概要
採用情報

福岡 北九州 下関 頼れるプロの便利屋ハンズクラフト・ライフサポート!不用品の処分回収、アシナガ蜂・スズメ蜂・白蟻駆除など、あらゆるお困りごとに対応いたします。

MENU

ハト侵入防止ネットの設置依頼のため、北九州市小倉北区まで出かけてきました!【ハンズクラフトライフサポート】

2020.10.26

皆さんこんにちは!ハンズクラフトライフサポートの河合です。

今回はハト侵入防止ネットの設置依頼のため、北九州市小倉北区まで出かけてきました。

 

■本日の作業内容について

今回のお悩みは、お店のシャッターの隙間にハトが巣を作ってしまい困っているというご依頼の内容。
ご依頼主様も効果があると言われている対策をやってみたようですが、どれも今ひとつだったようで、対策を講じてから数日後にはハトが出入りする日常に戻ってしまうとおっしゃっていました。

現場へ急行したスタッフがまず行ったことは、ハトが卵を産んでいるかどうかの確認です。
というのも、ハトの巣にヒナや卵がある場合は鳥獣保護管理法という法令があるため、撤去することができないからです。
ただし、認定鳥獣捕獲等事業者という許認可を受けた専門業者の場合は、例外となります。そのため、ハトの巣の状態をまず確認する必要がありました。

今回のケースでは、ハトがまだ巣を作っている段階でしたので、 鳥獣保護法で禁止されている「鳥獣を捕獲・殺傷したり、鳥類の卵を採取・損傷したりすること」には当てはまりませんでしたので、ご依頼をお受けすることができました。

もし、ご自宅の敷地内にハトが巣を作っているようでしたら、卵を産んでしまう前に対策が必要です。

 

■今回の対策には「金網」を使用しました

ハト対策としてよく利用される道具が「ハトネット」だと思います。
安価で、ハトが巣を作ってしまう前の対策としては効果を発揮しやすいアイテムです。
しかし、一度巣を作られてしまうとネットが破られ、突破されるケースが良くあります。実はハトの執着心はかなり強く、とくに子供を守るための行動だと、普段の姿からは想像もつかないような一面があるんです。
そのため、より頑丈な金網を設置することになりました。

設置後は、忌避剤(鳩用)を散布し、お客様にもお渡しています。

■作業詳細

  • 作業場所:小倉北区魚町
  • 作業内容:鳩侵入防止ネット設置
  • 作業人数:2名
  • ご請求金額:22,500円+税
  • 作業時間:1.5h

 

■少しでもお困りごとがあれば、ご相談下さい

 

 

プロの便利屋、ハンズクラフトライフサポートなら、皆様のちょっとしたお困りごとにもご利用いただけます。
『こんなことも頼めるのかな?』と疑問をお持ちでしたら、お気軽にご相談下さい!

 

粗大ごみ・不用品回収の参考料金はコチラからご確認いただけます。
料金目安表 ←こちらをクリック

その他のお困りごとはこちらをご確認下さい。

その他のお困りごとはコチラから ←こちらをクリック

また、ご不明な点等ございましたら、「電話」または「店頭のスタッフ」まで、お気軽にご相談ください。

老人ホーム入所に伴う、 実家の片付けや
ご葬儀後の遺品の整理や片付けなど、ご相談下さい。
家財評価アドバイザーが、適切にご対応いたします。
整理の品のお買取もいたしております。

【ハンズクラフトの便利屋ライフサポート】■□■□■□■□■□■□■□■
〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町5-28
フリーダイヤル: 0120-771-185
お見積もりは無料、お気軽にお問合せください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

どんな事でもご相談ください!0120-771-185

HANDS CRAFT ハンズクラフト プロの便利屋 メールでのお問い合わせ

北九州の頼れるプロの便利屋ライフサポート「料金表」
「初めての方へ」北九州のプロの便利屋「ライフサポート事業部」は初めての方でも安心
作業日記
北九州の頼れるプロの便利屋ライフサポート「スタッフ紹介」
お客様の声
「スタッフ募集」北九州のプロの便利屋「ライフサポート事業部」でわたしたちと一緒に働きませんか?
アサデス KBCに取材されました
わっしょい百万夏祭り 協賛
北九州市サイト相互リンク
安心算出システム

作業動画

  • No.01
  • No.02
  • No.03
pagetop